読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きつねエムブレム

娯楽関係の雑記を書いていきます。最近はファイアーエムブレム多め。レビュー記事なんかも増やす予定。

ファイアーエムブレムif ルナティックノーリセ縛り 無章~5章【FE if プレイ日記】

【スポンサーリンク】

今回から記事タイトルにあるように

【ファイアーエムブレムif 白夜ルナノーリセプレイ】をやっていこうと思います。
どうなるのか楽しみです(白目)
偽トロが届いたのが途中だったため、今回は2週目暗夜ルナでの女カムイの画像を使用しています。
なので、本当は男カムイでのプレイ。
ちなみに守備得意の幸運苦手、素質は騎士を選びました。
無難すぎて面白みも何もない

【無章 その手が拓く未来】
さくっとクリア。

【1章 暗夜の同胞】

f:id:satoiti22:20160110194005j:plain

f:id:satoiti22:20160110194025j:plain

f:id:satoiti22:20160110194039j:plain

f:id:satoiti22:20160110194053j:plain

f:id:satoiti22:20160110194108j:plain

f:id:satoiti22:20160110194118j:plain

甘々すぎんだろ。
ちなみに戦闘は攻撃してるだけで勝てます。
回復する必要すらありません。

【2章 魔剣ガングレリ】
マークスとの模擬戦はガロンパパの耳にも入っていたもよう。

f:id:satoiti22:20160110194134j:plain

話盛りすぎでは!?
どんな顔して報告したんだろうね。
マークス兄さんが満面の笑みを浮かべながら説明していたんだろうか。

f:id:satoiti22:20160110194831j:plain

f:id:satoiti22:20160110194838j:plain

ギュンターでさえやられかけたので、ルナって難しいんだなーって思いましたね。
リンカちゃんは変わらずマスコット枠でした。

【3章 旅立ちの刻】
ガロンに刃向かった罰として、一人で白夜のとある場所の様子を見てこいとの指令を受けるカムイ。

f:id:satoiti22:20160110195342j:plain

f:id:satoiti22:20160110195350j:plain

f:id:satoiti22:20160110195358j:plain

f:id:satoiti22:20160110195406j:plain

正論すぎて何も言い返せねえ。

ブラコン軍団が付いていこうとするも、結局従者二人といかにも裏切りそうなハゲを仲間に加え白夜領へ。
やっぱりハゲは何かを企んでいたようで、白夜兵を倒そうと突っ込んでいくことに。

f:id:satoiti22:20160111001236j:plain

f:id:satoiti22:20160111001352j:plain


ギャグかな?

馬鹿なハゲガンズのおっちゃんが右の侍を削って退場してくれるので、感謝しつつ下へ進軍。
敵将周り2マスくらいで待機すると増援の天馬が出てくる仕組みになってるんですが、見事に忘れてた結果
フェリシアが落ちました。
はえーよホセ。
天馬武者から逃げるのは流石に無理だった。
わかってはいたけどあいつらの移動やべえよ。
攻撃範囲出したら周り一面真っ赤になったもん。
フェリシアは安全圏まで下げておいて、ギュンターカムイで増援出して撤退からの合流が正しい進軍だったかなー。
まあ分岐前でやられても後で復活するんでこのあたりでの死者はさほど問題はありませんよね。

クリア後、サイゾウがやってくる。
こいつはやべえぜ!

f:id:satoiti22:20160111001541j:plain

f:id:satoiti22:20160111001558j:plain

f:id:satoiti22:20160111001616j:plain

何で全員やってくるねん。

マークス「私が助けに向かおう」
カミラ「私が行くわ」
レオン「じゃあ僕も行くよ」
エリーゼ「なら私も!」
的な突っ込みが居ないダチョウ倶楽部なやりとりでもあったの?

【4章 白夜の同胞】
なんだかんだで白夜王国につれてこられたカムイ。

f:id:satoiti22:20160111002753j:plain

f:id:satoiti22:20160111002808j:plain

寒そう。

唐突に家族宣言をされ、困惑してるところへ敵襲の知らせ。
ナイスタイミングじゃ~んとばかりに急いで向かいます(大嘘)
f:id:satoiti22:20160111002911j:plain

f:id:satoiti22:20160111002925j:plain


山で進軍しにくいのを、竜脈で平地にしながら進んでいくマップ・・・・・・なんでしょうが、個人的には竜脈使わない方が安定すると思います。
少なくとも、ボス周辺は絶対使わない方がいいと思う。
初回プレイは何も考えずガンガン竜脈を使ってたんですが、
当然のようにリンチされて死にました。
ここは本当に初見殺しすぎる。
ヒノカとカムイで会話すると調合薬をもらえたはずなんですが、プレイ中は忘れてました。

【5章 母と子】

f:id:satoiti22:20160111003819j:plain

f:id:satoiti22:20160111003825j:plain

f:id:satoiti22:20160111003836j:plain

f:id:satoiti22:20160111003845j:plain

謎の敵からのエメラルドスプラッシュからカムイを庇い、母親が死亡します。
いかりに震えるカムイはスタンドを抑えることが出来ずに暴走してしまいます。

んで暴走カムイと愉快な仲間達で謎の敵と戦うわけですが、ここは地味に難しいマップですよね。
「ドラゴンキラーには気を付けて!」とアドバイスをもらうんですが、味方がスズカゼ・リンカ・サクラ・アクアと紙ばかりなのでカムイに頼るしかない。
左をカムイで蹴散らした後、時計回りに進軍していく。
カムイで厄介な敵をしとめるのを意識していけば、なんだかんだ大丈夫だと思う。
リョウマがボスを適度に削ってくれてたので、ボスはただの餌でしかなかった。


序盤から割と苦戦した気もしますが、ここまでは比較的スムーズにいけました。
仕事に行く時間が近づいてきたので、6章以降はまた次回。
では!

 【次回】

satoiti-kitune.hatenablog.com

 【暗夜王国編】 

satoiti-kitune.hatenablog.com