読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きつねエムブレム

娯楽関係の雑記を書いていきます。最近はファイアーエムブレム多め。レビュー記事なんかも増やす予定。

蒼炎の軌跡マニアックノーリセ 17章 黎明【蒼炎の軌跡攻略日記 ファイアーエムブレム】

【スポンサーリンク】

何故か4連戦の長丁場マップです。

【前回】

satoiti-kitune.hatenablog.com

 

f:id:satoiti22:20160505122910j:plain

f:id:satoiti22:20160505153204j:plain

f:id:satoiti22:20160505153235j:plain


前回のあらすじ
シラサギの王族を探そう!
そんな感じです。


【アイク×ダラハウ】

f:id:satoiti22:20160505153417j:plain

f:id:satoiti22:20160505153501j:plain

花も緑も好きだというダラハウは、アイクはどう?と問う。
普通だと答えるアイクに、「普通」と「つまらない」はとても近い感覚だ、アイクはもっと感動しなきゃ、と返すダラハウ。
そうかもしれないと前置きしながらも、今の俺にそんな余裕はない、とアイクは言う。
「そんな風に焦ってる間はデインに勝てるわけがない」
「戦いはまだこれからだ。準備の間にそんな状態では、戦うころには疲れ切っている」
と言い残し、ダラハウは去って行く・・・・・・。

そんな感じの拠点会話。
ダラハウはなかなか印象深い会話が多くて良い。

【ワユ×キルロイ】

f:id:satoiti22:20160505153611j:plain

f:id:satoiti22:20160508190504j:plain

f:id:satoiti22:20160508190516j:plain

ワユとキルロイに支援を付けました。
占いで出た運命の相手を探すワユ。
きっとライバルの剣士だと思い、最初に現れたキルロイに剣を渡して勝負を挑むが、キルロイに剣が扱えるはずはなかった・・・・・・というお話。

ワユの女の子っぽい趣味が見られて非常によろしい。
キルロイとのカップリングはきっと王道でしょう。
火力アップの支援なので、ワユもこれで火力が補強できるはず・・・・・・。


【エリア1】

f:id:satoiti22:20160508190527j:plain

f:id:satoiti22:20160508190541j:plain

f:id:satoiti22:20160508190616j:plain

メンバーはこんな感じ。
完全に支援目当てなので、ミストやセネリオ、オスカーなどの一軍がハブられて居ます。
まあ王者ボーレが居るから何も心配はないでしょう。

f:id:satoiti22:20160508190634j:plain

f:id:satoiti22:20160508190650j:plain

とりあえずダラハウ&チャップのオッサンコンビを肉壁にして様子を見ましたが、アーマー特効を受けても全然ダメージくらわないのが面白い。
蒼炎はペガサスが弓で死なないくらい特効が弱体化してるので、剣士が本当に不遇ですね。

f:id:satoiti22:20160508190712j:plain

そして背後から音もなく現れるキルソード持ちソードマスター。
一人は絶対殺そうという殺意あふれるこの配置好き。
この増援さえ凌げば後は楽なので、壁を作りつつトパック・ダラハウ・ステラに経験値を稼がせつつクリアしました。

 

f:id:satoiti22:20160508190946j:plain

ちょっとごまかしてるけど実質無音成長じゃねーか!!

f:id:satoiti22:20160508191004j:plain

f:id:satoiti22:20160508191032j:plain

新規加入組は良い感じ。
ダラハウは上級職の割に速さが致命的に低いので、ここが伸びてくれればグッと使いやすくなりますね。

 

f:id:satoiti22:20160508191123j:plain

f:id:satoiti22:20160508191140j:plain

f:id:satoiti22:20160508191156j:plain

f:id:satoiti22:20160508191212j:plain

要するにサギが今回の踊り子ポジションです。

【エリア2】

f:id:satoiti22:20160508191305j:plain

一方その頃、リュシオンはメガンテを唱えようとしていました。

そんなわけで、二回戦開始。

f:id:satoiti22:20160508191407j:plain

f:id:satoiti22:20160508191421j:plain

右端の到達地点までたどり着けばクリアというマップ。

f:id:satoiti22:20160508191437j:plain

f:id:satoiti22:20160508191453j:plain

左の馬軍団を手早く片付けないと大惨事になるので、例のごとく手斧ボーレに蹴散らしてもらうことにしました。
右はとりあえずチャップさんで削る。

f:id:satoiti22:20160508191508j:plain

f:id:satoiti22:20160508191522j:plain


ボーレがティアマトさんポジションになってて頼りになりすぎる。
パラディンさえ何とかすれば稼ぎマップなので、後はなんなくクリア。
逆に言えばパラディンを何とかできないと地味に難しいマップになります。

 

f:id:satoiti22:20160508191809j:plain

ジルがクラスチェンジして、空飛ぶジェネラルみたいな能力値になりました。
暁のハールさんみたいな活躍ができそう。

f:id:satoiti22:20160508191943j:plain

その成長をちょっとワユに分けてくれよ。
ダラハウは何気に速さ以外完璧な成長率をしているので、結構伸びてくれそうです。

 

【エリア3】

f:id:satoiti22:20160508192058j:plain

f:id:satoiti22:20160508192135j:plain

f:id:satoiti22:20160508192150j:plain

f:id:satoiti22:20160508192204j:plain


道中でサギの女の子を見つけたアイク達は、彼女を守ろうと戦うことに。
そんな感じの防衛マップです。

f:id:satoiti22:20160508192238j:plain

今回のアイクは少女を背負って戦うので、速さが半分になって戦力外になります。
力0で今までどうやって生きてきたんだ。

f:id:satoiti22:20160508193459j:plain

f:id:satoiti22:20160508193513j:plain


左右から挟み撃ちにされるので、左をとっとと制圧して右を守らなければならない。
そんなこんなしてたら、アイクがレベル20になりました。

 

f:id:satoiti22:20160508193614j:plain

f:id:satoiti22:20160508193629j:plain

援軍でミスト読んだらめっちゃのんきにやってきてワロタ。
クラスチェンジ後で初の戦闘ですが、普通に敵を切り刻めるからすごい。

f:id:satoiti22:20160508193644j:plain

f:id:satoiti22:20160508193705j:plain


ダラハウとボーレで壁を作りつつクリアしました。
初期値でも騎士の護り+聖水で壁になれるので、一番ダラハウが活躍しやすいマップではなかろうか。

f:id:satoiti22:20160508193759j:plain

相変わらずボーレは守備が伸びる。
もはや竜の盾使ってカンスト狙いたいレベルになってきましたね。

f:id:satoiti22:20160508193813j:plain

肝心な所をしっかり伸ばすダラハウさん。

f:id:satoiti22:20160508193825j:plain

肝心なところを避けるワユさん。
いや守備が伸びたからいいか。

f:id:satoiti22:20160508193841j:plain

f:id:satoiti22:20160508193859j:plain

f:id:satoiti22:20160508193912j:plain

f:id:satoiti22:20160508193933j:plain

なんでアイクがミストの体重を知っているんでしょうねえ・・・・・・。

f:id:satoiti22:20160508193955j:plain

ジト目かわいい。
このめっちゃ細かい差分大好きです。

f:id:satoiti22:20160508194141j:plain

f:id:satoiti22:20160508194152j:plain

f:id:satoiti22:20160508194205j:plain

f:id:satoiti22:20160508194229j:plain

f:id:satoiti22:20160508194244j:plain

ミストがクラスチェンジしてなかったら普通に突き飛ばすシーンなんですが、クラスチェンジしてると馬で突撃する絵面になるのでなかなかシュール。
そらボーレも膝をつきますわ。

f:id:satoiti22:20160508194301j:plain

かわいい。

 

【エリア4】

f:id:satoiti22:20160508194340j:plain

f:id:satoiti22:20160508194357j:plain

ようやくラストエリア。
一体どんだけの戦力を持ってるんだとツッコみたくなるレベルです。

 

f:id:satoiti22:20160508195124j:plain

f:id:satoiti22:20160508195203j:plain

パラディンが強くて倒しきれない図。
速くて硬いというなかなかの難敵だからしかたないね。

 

f:id:satoiti22:20160508195309j:plain

f:id:satoiti22:20160508195337j:plain

f:id:satoiti22:20160508195354j:plain

f:id:satoiti22:20160508195408j:plain

パラディン軍団は強すぎる為、エースユニットで壁を作りつつ進軍。
一人仕留めてくれるボーレはすげえや。

f:id:satoiti22:20160508195432j:plain

そうこうしているうちにキルロイがクラスチェンジ。
2章でレベル10からクラスチェンジまで行くとは思いませんでした。

 

f:id:satoiti22:20160508200156j:plain

エリア2で援軍として呼んでいたセネリオもクラスチェンジ。
普通に非の打ち所のない能力値で特に言うことはありません。

f:id:satoiti22:20160508200222j:plain

トパックはレベル20で終了。
速さがヘタレているのが非常にまずい。

f:id:satoiti22:20160508200251j:plain

ダラハウは速さと守備をしっかりあげてくれるので、なんとか戦力になってくれそうで安心しました。

f:id:satoiti22:20160508200332j:plain

f:id:satoiti22:20160508215837j:plain

f:id:satoiti22:20160508215936j:plain

f:id:satoiti22:20160508220337j:plain

色々あってサギの民と神使が和解しました(適当な説明)

f:id:satoiti22:20160508221103j:plain

f:id:satoiti22:20160508221218j:plain

f:id:satoiti22:20160508221236j:plain

f:id:satoiti22:20160508221255j:plain

二人のサギの力で森に緑が戻ってくるという良いシーン・・・・・・なんですが。
「森の主の帰還・・・・・・か」とかいう絶対言わなそうなセリフをアイクが口にするのでそっちが気になってしまいます。
ムービーの中だとアイクがすげえ爽やか。

f:id:satoiti22:20160508221314j:plain

f:id:satoiti22:20160508221740j:plain

f:id:satoiti22:20160508221808j:plain

f:id:satoiti22:20160508221913j:plain

f:id:satoiti22:20160508222303j:plain

f:id:satoiti22:20160508222356j:plain

無事ベグニオンの後ろ盾を得たエリンシア。
アイクもクラスチェンジし、クリミア軍のトップとなる。

そんなわけで17章クリア!
ではー。

【次回】

satoiti-kitune.hatenablog.com