読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きつねエムブレム

娯楽関係の雑記を書いていきます。最近はファイアーエムブレム多め。レビュー記事なんかも増やす予定。

ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡 ユニット評価1

【スポンサーリンク】

蒼炎の軌跡に登場するキャラの評価をしていきます。
難易度はマニアック基準。

使い勝手:A
特に縛りでもなければ使った方が良いユニット達

・アイク
FE最強主人公との呼び声が高いアイク。
成長率が高水準でまとまっており、最序盤以外はほぼエースとして運用することができる。
絶妙なタイミングでクラスチェンジをする上、天空を習得させれば敵の群れに突っ込ませても余裕で生き残るようになる。
回避率アップの地属性支援や、専用武器のラグネルを入手してしまえば、最早彼をロストさせることのほうが難しくなるレベルになってしまう。
アイクを縛るか否かで難易度が激変するといっても過言ではないため、特にこだわりがなければ使っていったほうが楽である。

・オスカー
今作では騎馬というだけで強キャラの地位が確立されているが、彼もやっぱり強キャラである。
成長率は低めであるが、序盤に加入する騎馬というだけで育成する価値はある。
地属性持ちなため、アイクとのお手軽支援を組めば終始無双するユニットになってくれる。
いずれにせよ序盤は彼を使っていくしかないので、よほどヘタレない限りはレギュラーとして活躍することとなるだろう。

・マーシャ
幸運と魔防が微妙で力が伸びるという、ペガサスらしくない能力を持っている。
ステータスはやや物足りない形ではあるが、今作は飛行系も強いので活躍できる場面は多い。
特攻の計算式が変わったのが幸いし、弓に狙われても生き残る場面が多くなったのも追い風である。
数章後にジルも加入するが、両方育てても問題はないレベル。

・ミスト
下級職のうちはキルロイと大差ない性能だが、クラスチェンジして騎馬兵になるととたんに使い勝手が増す。
再移動できる回復役というだけでレギュラー入りできるほどだが、がんばって武器レベルをあげれば攻撃性能もトップクラスとなる。
ソニックソードを持てば厄介なドラゴンマスターを確殺できるようになるので、高難易度では特に重要キャラとなってくる。

・ケビン
騎馬兵&斧という、今作の強キャラ要素を両方持っているので普通に強い。
初期値も成長率もそれなりに良く、安定して前線を任せられるユニットとなってくれる。
クラスチェンジして弓を持てるようになるとドラゴン狩りができるため、終盤は重要キャラとして活躍できる。

・ジル
若干低い能力値で加入する、難易度の高いマップが続く、などの要素により やや使いづらい印象を受ける。
しかし飛兵なので扱いやすく、育ってくれれば活躍できる場面も多くなってくる。
クラスチェンジ後は斧によって火力補強ができるため、最初の育成をがんばればそれに見合った活躍をしてくれるであろう。

・ステラ
成長率はそこまで高くないが、レベル差によるごり押しができるので終盤まではエースとして活躍することができる。
メイン武器である弓がドラゴン狩りに役立つうえにエリートのスキルとも合っており、基本的にチクチクしているだけで育ってくれる。
斧を持たせれば前線も任せられるようになるため、彼女にある程度経験値を与えると中盤が楽になる。

・マカロフ
案外成長率は高く、数字だけ見ると騎馬兵の中でトップクラスに強い。
初期武器が剣、登場後の砂漠マップ、性格、顔……とマイナス面も多いが、使ってみればその強さに驚くユニットである。
力、速さ、守備が伸びるため、ケビンと並んでエースになる可能性も高い。

・リュシオン
最大4人を再行動させることができるため、彼の有無で戦略が変わるレベルのユニットである。
特に高難易度では彼をどれだけうまく使えるかが大事なため、ブーツや化身の石はケチらず彼に使った方が良い。