きつねエムブレム

娯楽関係の雑記を書いていきます。最近はファイアーエムブレム多め。レビュー記事なんかも増やす予定。

オカムラの高級椅子「シルフィー」を買って約2年過ぎるので、感想とか書いていく

【スポンサーリンク】

Amazonの注文履歴を見ていて思ったんですが、2015年の1月は物を買いまくってたんですよね。
物欲がすごかったのは覚えているのですが、20万以上も使っているのは驚きです。
その中でも特に大きい買い物だったのが、オカムラの高級椅子、「シルフィー」です。

f:id:satoiti22:20161227000736p:plain



ネットで「座る時間が長いなら椅子はお金出して良いやつを買え!」という意見をよく見かけ、自分も腰を少し痛めているのが購入のきっかけでした。
・健康への影響が大きい
・作業効率が違ってくる
・長く使うと考えればコスパもいい
このあたりが最終的な決め手です。
しかし健康のためならと思ったのはいいものの、高い買い物なのでめちゃめちゃ悩んだんですよね。
比較的新しい製品だからかレビューも少なかったので、当時の自分のように迷っている人の参考になれば、と思いレビューでも書いてみます。

 
【感想】
詳しい情報は後で書くとして、先におおざっぱな感想を。
8万くらい出した大きな買い物でしたが、かなり満足しています。
同じオカムラのバロンやコンテッサと比べて安いのが購入の決め手だったのですが、機能面も素晴らしいです。
価格と機能のバランスでいったらトップクラスなんじゃないでしょうか。
とはいえ全く不満がないわけでもないので、そのあたりも書いていきます。

仕事や趣味などで長時間パソコンに座る人なら、椅子には投資するべきだと実感しました。
単純に高い椅子を買え、というわけではなく、良い椅子・自分にあった椅子を選ぼうというものです。
自分の作業環境や姿勢でも変わってくるところなので、普段の自分を思い出しながら選んでみると良いかもしれません。


先に概要だけ箇条書き

 

【良いところ・気に入ったところ】
・腰に優しい
・見た目がおしゃれ
前傾姿勢に対応
・座面の奥行が調節可能(この値段で)
・安い(この手の椅子の中では)

【悪いところ・気になるところ】
・リクライニングのダイヤルが使いにくい
・ヘッドレストが固定
・体の大きい人は窮屈かも

一つずつ見ていきましょう。


【良いところ・気に入ったところ】

・腰に優しい
高いオフィスチェアを買う一番の理由が健康のためだと思うのですが、シルフィーもやはり腰に優しいです。
休日は一日中座っていることも多いのですが、全然腰が痛くなりません。
疲れに関してもほぼ気にならなくなりました。
以前は安物の椅子を使っていたからか、あからさまに違うのが一番の驚きです。
バロンやコンテッサは職場でたまに座りますが、座り心地に関してあまり違いは感じませんでした。

・見た目がおしゃれ

 

f:id:satoiti22:20161226233129j:plain

私が購入したのはこのタイプです。
部屋が狭いのもあるでしょうが、結構大きめに見えます。
色の種類も豊富でしたが、明るい色が欲しかったのでライムグリーンを選びました。
ボディは黒と白、足のフレームはアルミと樹脂が選択可能で、アルミがやや高いです。
ボディは黒の樹脂足タイプにしましたが、安っぽくないので気に入ってます。
見た目としては アルミ足>黒樹脂>白樹脂 というのが個人的な順番。
フォルムは好みによって意見が違ってくると思いますが、私はおしゃれだと思っています。

座面はクッションで、背面はクッションとメッシュが選択可能。
私が購入したのはメッシュタイプです。
夏場に暑くないようにと考えての選択でしたが、解放感がある印象を受けるのが思わぬメリットでした。

f:id:satoiti22:20161226233435j:plain

メッシュはこんな感じになってます。
感触としてはメッシュがやわらかめ、クッションが固めといったところ。
このあたりは完全に個人の好みではないでしょうか。

肝心の座り心地に関してですが、かなり良い印象を受けます。
公式サイトによると、前方にやわらめ・後方に硬めと、場所によってクッションの硬さを変えているとのこと。
実際ふとももの痺れや圧迫がなかったり、お尻のサポートをよくしてくれています。
手で触ってみるとやわらかさの違いがよくわかりました。

・前傾姿勢に対応
ここがシルフィー一番の売りだと思っています。
前傾姿勢とは要するに前のめりの姿勢のことで、後傾姿勢は椅子に寄りかかるような姿勢のことです。
前傾が勉強などの机に向かう作業、後傾がテレビを見たりするようなイメージでしょうか。

オフィスチェアも用途によって前傾タイプと後傾タイプがあり、椅子選びにおいて大事なポイントになってきます。
要するに自分はどんな姿勢で椅子に座るか?ということです。

前傾:勉強、絵を描く、前のめりになってキーボードをうつ
後傾:動画鑑賞、椅子に寄りかかってキーボードをうつ
どちらが自分のタイプでしょうか?

オフィスチェアは後傾タイプが多いため、前傾に対応したものは少なめです。
シルフィーは前傾チルト機能という、前方へ10°たおして前傾姿勢にあう状態にすることができます。

f:id:satoiti22:20161226233739j:plain

たった10°ですが、普通の直立とは全然違います。
しっかり支えてくれるのは大きく、ひたすら作業に没頭できる感じ。
作業メインの人は、前傾に対応しているものを選ぶことをおすすめします。
バロンやコンテッサは後傾タイプなので、対象となる人が違うんですよね。

・座面の奥行が調節可能
高さは大体の椅子が変えられるでしょうが、奥行きは種類によって変えられなかったりします。
シルフィーは5cmの範囲でスライドするため、自分の体型に合わせることが可能。
膝裏だったり姿勢に響いてくるので、地味ながら大事な部分なんですよね……。

・安い
始めの方で書いた通り、なんだかんだで一番の決め手が値段です。
当時は74000円ほどで買えました。
今見たら楽天が72500円ほどだったので、楽天ユーザーは楽天の方が安く済むかもしれません。
※2017/3/3日現在

【楽天】

オカムラ シルフィー チェア エクストラハイバック 背メッシュ ヘッドレスト 可動肘 樹脂脚 本体カラーブラック C68AXR

【Amazon】

オカムラ オフィスチェア シルフィ― エキストラハイバック メッシュ アジャストアーム 樹脂脚 ブラックフレーム C68AXR-FMP1 ブラック

同じ条件(ヘッドレストとか)で見ると、バロンが10~12万、コンテッサが14万ほどなので、約半分近い値段になっています。

 

【悪いところ・気になるところ】

次は悪いところなどをいくつか。

・ヘッドレストが固定
画像を見てもらえばわかると思いますが、ヘッドレストは完全に固定されていて動きません。
私はあまり気にしなかったのですが、色々微調整したい人は注意です。

・体の大きい人は窮屈かも
体格の良い方は、後ろのフレームが邪魔になる可能性があります。
身長160台、体重約65キロの私は全く問題ありませんでした。
一応調整機能がついているので、ある程度は大丈夫だと思います。

・リクライニングのダイヤルが使いにくい
一番の難点がこれ。
左下の方にダイヤルがついているのですが、座っている状態じゃないと使いにくいです。
リクライニングしながらだと大分無茶な姿勢になるため、一旦起き上がってから操作するようにしていました。
この椅子は大分気に入ってますが、この部分だけは残念でなりません。
私はあまりリクライニング機能を使うことがないのでまだいいのですが、頻繁にリクライニングする人は少し厳しいかもしれません。


【総評】

最後は文句も書きましたが、安価で多機能、優秀でコスパの良い椅子だと思います。
やっぱり家具を選んだりレビューするのは楽しいですね。
皆さんに合った椅子が見つかることを祈っています。
それでは。