きつねエムブレム

娯楽関係の雑記を書いていきます。最近はファイアーエムブレム多め。レビュー記事なんかも増やす予定。

ド田舎民の救い、WiMAX君について調べたことを書いていく

【スポンサーリンク】

過去記事を見返してたら、1月頭にこんな記事を書いてました。

 

satoiti-kitune.hatenablog.com


後でまとめとくと言いつつすっかり忘れてた……。
今更ですが、せっかくなので色々と調べたことを書いていきます。
ちなみに、現在はなんだかんだで2件契約中。

f:id:satoiti22:20161230233524j:plain

 

●WiMAXの魅力、メリット

そもそもWiMAXって何?と最初は思ってました。
WiMAXとは、移動体通信方式の無線通信技術の新しい規格を指し、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称です。
日本ではKDDIグループのUQコミュニケーションズから提供されており、自宅でも外出先でもインターネットを使えるモバイル通信ということで注目を集めている……とのこと。

 

以下ではWiMAXを利用する上での魅力やメリットについて説明します。

・自宅でも外出先でも場所を選ばずに使える

WiMAXは自宅でも外出先でも場所を選ばずに使えるというメリットがあります。

・外出先でも気軽にインターネットを使いたい
・自宅でも複雑な配線無しでスッキリさせたい
・スマホはLINEやSkypeだけで通話はIP回線を使っている
・WiMAXのサービス提供範囲内で行動するケースが多い

WiMAXは上記のような人に大きな魅力があります。
私の場合は選択肢がWiMAXしかなかったので、少し特殊なケースでしたが……。

通信用の機器は小さいので簡単に携帯できます。
肝心の通信速度についてですが、いちばん新しいWiMAX2+は下りの最高速度が220Mbpsあります。
フレッツ光のネクストハイスピードは250Mbpsですので、他と比較しても遜色ありません。
こうしたように、自宅でも外出先でも使えるのにも関わらず通信速度が速いというのが魅力です。
ちなみに、UQコミュニケーションズの公式発表では1,100万人が利用しているとのこと。

・ワイヤレスで接続できるので工事や配線は不要

WiMAXはワイヤレスでインターネットに接続できるので、面倒な工事や配線が不要というメリットがあります。

光回線⇒利用開始までに手続きや工事が必要で時間がかかり、光ファイバーケーブルを引いた家の中からしか使えない
WiMAX⇒ワイヤレスなので引っ越したその日から快適に使用でき、LTEのような月間の通信規制のないプランもあるので自宅の固定回線の代わりとして使っている方も多い

上記のような違いが光回線とWiMAXにはあります。
特に忙しい人にとって、引っ越した先での回線工事に立ち会わなくて良いのはありがたいポイントです。
また、マンションやアパートへと光回線を新しく契約する場合、工事することを管理者へ事前に伝えなければなりません。
出張が多い方や一人暮らしをしている方は、固定回線ではなくWiMAXの方が向いているかもしれません。

●WiMAXのデメリットはあるの?

ここまでは散々WiMAXを持ち上げてきました。
ド田舎民の救いになってくれたので甘々判定かもしれません。
最後に、WiMAXのデメリットをいくつか。

・東京都内や近郊では問題がなくても、山の方へと行くとエリア外で電波がないことがある(現在では解消されつつある)
・周波数の高さで速い通信ができるのに対して、障害物が原因となって減衰しやすい
・ギガ放題プランは1ヶ月間の制限は特に設定されていないが、3日間で3GBを超えるとスピードが遅くなる
・基本的にWiMAX2+は2年縛りの契約になっていて25ヵ月目以降は高くなる(長期利用割引きを使えば据え置き)
・原則的にモバイルルーターがなければ使用できず、事前にバッテリーを充電しなければスマホと一緒で使い物にならない

こんなところでしょうか。


他にも色々書こうと思ってたことがあるのですが、眠くなってきたので今日はこのあたりにします。
日付も変わりそうですし。
その他については追々追加していきます。
流石に今度は一年過ぎないようにします……多分。
では。