読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きつねエムブレム

娯楽関係の雑記を書いていきます。最近はファイアーエムブレム多め。レビュー記事なんかも増やす予定。

シャドウバース初心者向けに超格安ビショップデッキを紹介する

アプリ

【スポンサーリンク】

シャドバってますか?

CMもガンガン放映しており、力の入れようが伝わってくるゲーム、シャドウバース。
この手のゲームでは珍しく、シャドウバースは課金の差が出にくいバランスになっています。
無課金でもある程度パックがひける、カード生成である程度好きなカードが集められる、などが理由ですね。

ただ当然ながらレアリティの高いカードは当たりにくく、生成にも大きなエーテルが必要になってきます。
ゴールド(生成:800)くらいならともかく、レジェンド(生成:3500)は当てるにしろ生成するにしろ負担が大きいです。

始めたばかりのころに格安デッキを探して色々なサイトを回ったことがあるのですが、レジェンドやゴールドが普通に積まれているものがほとんどでした。
もちろん環境トップのデッキに比べるとかなり簡単に作れるのですが、完全に初心者の頃はそれでも厳しいものがあります。

ですので、今回はできるだけゴールド以上を減らした、超格安デッキを紹介していこうと思います。
できるだけ安く、なおかつ そこそこ戦えるような感じです。
よろしければ参考にどうぞ。

 

・疾走ビショップ 必要コスト 計1700

f:id:satoiti22:20170108084126j:plain

f:id:satoiti22:20170108084138j:plain

f:id:satoiti22:20170108084149j:plain

 

概要

出したターンに攻撃できる疾走持ちを中心に、速攻を狙うデッキ。
12/29のアップデート前までは、環境でもトップクラスのポジションに居ました。
現在はインフレに追い付けず下火ですが、ランクが低い間は十分に戦っていけます。
ぼくは疾走ビショでCランクに駆け上がったため、結構思い入れがあったり。


特徴

低コスト帯で固めているために事故りにくく、安定しているのが利点です。
ただその代わり、守護持ちに弱かったり大型フォロワーの対処には苦戦します。
また、短期決戦を狙う特性上、勝ち負け問わず1戦が早く終わるのも特徴です。


回し方

マリガン
1~2コスのアミュ・フォロワーで手札が埋まるようにしたほうが良いです。
犬は中盤で輝くカードなので、状況によって戻してもいいかもしれません。
最優先で確保したいのは「詠唱:獣姫の呼び声」。
前環境では壊れカードとして挙げられることも多々あったパワーカードで、これを2ターン目に出せると中盤の制圧が楽になります。
1ターン目:白翼or聖なる願い、2ターン目:獣姫、3ターン目:神鳥、教理……と回った時は勝てることが多かったり。

入れ替え候補 
・ガルラ(ゴールド:生成800) 3枚
ゴールドレアなので外していますが、ほぼ必須級のカードです。
「召喚するだけで相手に3ダメージ」&「アミュレットを3カウント進める」という強能力を持っているため、ガルラを入れるだけで勝率が跳ね上がります。
3点ダメージが本当に強力で、後半どうしてもダメージが足りない時、相手に守護持ちが居る時など、無理やり突破口を作ってくれることも多くありました。

抜くのは調教師、デモンストライク、見習いシスターを一枚ずつでしょうか。

・ウルズ(ゴールド:生成800) 2枚

 

ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。
(相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す)

ゴールドレアなので以下略。
疾走持ちで攻撃→ウルズで疾走持ちを破壊→出てきた疾走持ちで再び攻撃、というのが主な使い方になります。
中盤にウルズを組み合わせてライフを削り、デモンストライクやガルラでとどめ、というので勝ちやすい。
抜くのは調教師や見習いシスターなど。

・エンジェルバレッジ、プリズムプリースト(シルバー:生成200) 各2枚

エンジェルバレッジ

相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。

プリズムプリースト

ファンファーレ カウントダウンを持つアミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

抜くのは調教師、見習いシスター、聖獣あたり。

こんな感じでいくと聖獣が一枚残っているはずなので、そこにガブリエルを一枚入れればぼくがよく使っているデッキになります。
テミスは最初のうちは入れていましたが途中で抜きました。

テミスの審判

お互いのフォロワーすべてを破壊する。

疾走ビショだと使いたい機会が案外少なく、くさる場面も多かったのが理由です。
相手も警戒して温存してきたりしますしね。
ただパワーカードに間違いはありませんし、入れている人も多いため、好みでいいのではないでしょうか。

そんなわけで、疾走ビショップの紹介でした。

他にも安いデッキはあるので、気が向いたら追記していきます。
では。