きつねエムブレム

娯楽関係の雑記を書いていきます。最近はファイアーエムブレム多め。レビュー記事なんかも増やす予定。

ドラクエシリーズを初心者へのおすすめ順に並べてみた【ネタバレ無し】

先日ドラクエ1をクリアしたので2をプレイしているんですが、やっぱり全滅しまくりで面白い。
ドラクエ熱が再発しているので、11発売までにナンバリングタイトルはクリアしたいものです。
ドラクエも数が多くなっているので、今回は「未プレイ者がドラクエデビューする際、どの作品を選ぶべきか」の個人的な意見を書いてみます。
ドラクエシリーズにハズレはないんですが、参考までにどうぞ。


【ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…】


【概要】

社会現象にもなった伝説の作品。
勇者である父親の後を継いだ主人公(勇者)が、世界をおびやかす魔王を倒すために旅立つ……という王道のストーリーです。

【難易度】低め

高めの難易度だった1、2と違って難易度は下がっており、遊びやすくなっています。
4人パーティかつ自分の好みの職業でそろえられるため、バランスの良い組み方をすれば序盤から終盤まで詰まってしまうことはないでしょう。
逆に縛りプレイで難易度を上げることもできるため、初心者から上級者までさまざまな楽しみ方ができます。

【ポイント】

  ・パロネタなどがわかるようになる
ドラクエ3は日本のRPGに大きな影響を与えたらしく、RPGの原点のような扱いを受けています。漫画やアニメなどでRPGネタが出たり、ドラクエのパロディがあったりすることも多々ありますが、その元ネタとしてドラクエ3が出ることが多いです。
結構ニヤリとできる場面が多くて楽しいですよ。

・自由度高め
ドラクエ3では序盤以外の自由度が高いのが特徴です。
マップも一本道ではなく、また順番などもある程度融通がきくため、プレイヤー一人一人の攻略方法が違うことも多くあります。
敵の強さを見ながら適正ルートを探したり、ちょっと無茶しながら無理やり進めたり……。
冒険している感が高く、どう攻略していこうか考えるのがかなり楽しい!

・キャラメイク&転職要素
この作品は4人パーティを組むのですが、仲間の性別や職業、名前、性格などはプレイヤーが決めるようになっています。
他の作品は仲間の設定が決まっているものが多く、キャラメイク型のシリーズは9くらいです。
王道のバランス型パーティを作ったり、偏ったパーティ、ハーレムパーティなど……。
3は何回もプレイしてますが、飽きないのはこの部分が大きいですね。
中盤以降は職業を変更できるようになる転職システムが加わり、自分の好きなように育成することができます。

【注意点】

 ・ロト3部作の最後
一部のドラクエは世界観を共有しており、1~3が「ロト3部作」、4~6が「天空シリーズ(3部作)」として各作品が繋がっています。
ドラクエ3はロト3部作の最後を飾る作品のため、1や2をクリアした人の方がより楽しめます。
ただし いきなり1や2から始めるのは色々な意味で敷居が高いため、3からで良いんじゃないかなあというのが個人的な考え。
私は3→1→2の順にプレイして普通に楽しめました。

・アイテム、町やダンジョンなど見つけにくいものがある
自由度が高いゆえに、詰まる場面が出てくるかもしれません。
詳しく説明するとネタバレになるので省略。


【ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁】

【概要】

「天空シリーズ」の2作目にあたる作品で、モンスターを仲間にしたりお嫁さんをもらったりするのが特徴。
親子3世代にわたるストーリー展開はRPGの中でも珍しく、シリーズの中でも特にファンが多い作品です。

【難易度】低め(一部高め)

序盤はかなり難易度が低く、中盤以降の難易度が上がっていく珍しいタイプです。
概ねサクサク進められるのですが、一部ボスやダンジョンはかなり難易度が高くなっています。
主要キャラはそれぞれ強力な呪文を覚え、仲間モンスターもお助けキャラが多く、回復から攻撃まで困ることは少ないです。
主人公が回復役のポジションも兼ねているので、基本的に安定した戦闘ができます。

【ポイント】

・パーティメンバーの選択肢が多く、色々な楽しみ方ができる
5は主人公、主人公の親、主人公の子供の3世代が関わる物語です。
ストーリーの進行度によって加入する仲間がころころ変わり、戦闘が飽きないようになっています。
特に中盤以降の選択肢は多く、妻や子供、仲間にしたモンスター達から好きなパーティを組むのはかなり楽しいです。
モンスターの種類もかなり多い上にレアモンスターも居るため、やり込み要素として長く楽しむことができます。

・ストーリーが面白い
シリーズの中でも、5のストーリーは特に評価が高いです。
3世代に渡り物語が展開されていき、各々の想いが繋がっていく終盤は惹きこまれていきます。
少年から大人になり、結婚し、子供ができる様子はなかなか感慨深いです。

【ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君】

【概要】

なんか色々欲張ったタイトルの、プレステ2初のドラゴンクエストです。
3Dになったのが大きな特徴で、戦闘もキャラが激しく動くものになりました。
前作の7が変化球だったのに対し、8は全体的に王道のRPGになっています。
システムも大きな変化があり発売前は色々と言われていましたが、発売後は概ね高評価を受けている作品です。

【難易度】やや高め

序盤のパーティ人数が少ない時の難易度が高めで、システムに慣れていないことも加わり歯ごたえのあるものになっています。
中盤以降は楽になっていきますが、一部のボスはかなり強く、十分に戦力を整えないと厳しいです。

【ポイント】

・全体的に高いバランスでまとまっている
多くの変化があった作品ですが、戦闘やストーリー、システム面などどれも基本的に良い出来に仕上がっています。
細かい面で不満が出てくるところはあるものの、そこまで気になるものではないのでストレスなく進めることができます。
難易度も簡単すぎず、強敵なども所々でてきますが、しっかりレベル上げさえすれば突破できるようになっています。
ネタバレ防止のため詳細は伏せますが、呪文の習得タイミングなどよく考えられてるなあと感心するものもありました。

・個性的な仲間達
8は4人パーティで固定されており、全員特徴的なキャラです。
転職システムはありませんが、レベルアップで入手するポイントを複数のスキルに振り分け、特技や呪文を習得するシステムになっています。
これにより各キャラが全く違った戦闘スタイルになるため、キャラ付けをうまく促進させています。

 

【ドラゴンクエストⅥ 幻の大地】

【概要】

天空シリーズとして、そしてスーパーファミコンとしても最後の作品です。
転職システムが3から復活し、中盤以降は自分の好きな職業とキャラの組み合わせで冒険を進めることができます。
やや賛否が分かれる部分がありますが、戦闘バランスや伏線がはられたストーリーなどが好きなファンも多いです。


【難易度】普通(一部やや高め)

今までの作品に比べると戦闘の難易度があがっており、ところどころに全滅しやすい敵が存在しています。
難易度は好みがでると思いますが、そこそこ難しい程度なので私はかなり好きです。
たまの全滅は良いアクセントだよね!
救済策も色々あるので、攻略サイトなどを見れば詰んでしまうということもないでしょう。

【ポイント】

・「幻の大地」の存在
サブタイトルにもある通り、6には主人公の住む世界と幻の大地、2つの世界が存在しており、かなり広いマップになっています。
この2つの世界を行き来しながらストーリーが進行していき、世界の謎を解き明かしていく物語です。
2つの世界はよく似ている半面、違和感を覚えるような差異もところどころあり、先が気になるようになっています。

・考察しがいのあるストーリー
詳細は伏せますが、6のストーリーは考察しがいのある深いものになっています。
序盤から最後までその世界観を楽しむことができ、ハマった人からの評価はかなり高いです。
ただし中には説明がされないまま投げ出された伏線なども多々あり、そこを受け入れられるかどうかで評価が分かれている部分があります。

【注意点】

・リメイク版ではモンスターが仲間にできなくなる
スーパーファミコン版では、5と同様にモンスターを仲間にできるシステムがありました。
何故かリメイク版ではスライムしか仲間にできなくなっており、大きな批判を受ける部分になっています。
ほとんどの作品ではリメイク版をおすすめするのですが、この要素により6だけは手放しでリメイク版をすすめることができないです。
モンスターを使いたい!という人はスーパーファミコン版を遊んだ方が良いかもしれません。


【ドラゴンクエストⅣ 導かれしものたち】

【概要】

4は全5章(リメイク版は6章)のオムニバス形式であり、シリーズ唯一の特徴になっています。
キャラメイク制であったⅢとは打って変わって個性的なキャラばかりになっており、敵も良いキャラのため人気です。

【難易度】低め

仲間が強いため、全体的な難易度は低めです。
意識してレベル上げをしなくてもサクサク進めていくことができます。

【ポイント】

・章ごとに新鮮な気持ちでプレイできる
章が変わるごとに主人公が変わるため、毎回新鮮な気持ちでプレイができます。
各章がチュートリアルとしての役割も持っており、キャラの性能やコンセプトも全く別物のため飽きることがありません。
4章までは比較的短めなボリュームになっているのでサクサク進めることができます。
RPGの醍醐味である序盤から中盤を何回もプレイできるのは4の魅力的な部分です。

・敵にもスポットを当てたストーリー
4のストーリーは魔王を倒して解決とはいかず、観善懲悪なものではありません。
ラスボスにもスポットが当たっており、行動の理由がプレイヤー側にも理解できるような描写がなされます。
様々な視点から物語を見ることも加えてストーリーに深みが出ています。

 

その他の作品も初心者向けとは言えずとも面白いので、ぜひプレイしてもらいたいですね。
では!

ドラクエ1プレイ日記・前編 マイラで露天風呂の脱衣所を漁るところまで

久しぶりにドラクエがやりたくなったので、Wiiのやつを引っ張り出してきました。
初代(FC版)ではなく、リメイク版(SFC版)の方をやっていきます。
初代はシステム的に結構面倒なのと、リメイク版は大体攻略を覚えているのでサクサク進めそうだったのが理由です。
画像多めになってるので、一応初見さんでもある程度内容は把握できるのではないでしょうか。

【ラダトーム城】

f:id:satoiti22:20170605154850j:plain

 

王「その昔 伝説の勇者ロトは 神から ひかりの玉を さずかり
この世界を おおっていた まものたちを封じこめたという。

しかし いずこともなく現れた 悪魔の化身 竜王が
その玉を 闇にとざしてしまったのじゃ!

このままでは 世界は 闇に のみこまれ やがてほろんでしまうことだろう。
勇者きつねよ! 竜王をたおし その手から ひかりの玉を 取り戻してくれ!」


というわけで、魔王を倒して世界の平和を取り戻すという王道のストーリーになります。
その他、王様の一人娘であるローラ姫を助けるのもサブ的な目標です。
放置してても問題なくクリアできる、まさにサブクエストのさきがけではないでしょうか。

f:id:satoiti22:20170607150811j:plain


世界を救う役目を持たされているのにこの仕打ちである。

薄給で責任だけ大きい様子は昨今のブラック企業を彷彿とさせますね。
昔は別になんとも思いませんでしたが、改めて見ると王様の鬼畜っぷりがよくわかります。

f:id:satoiti22:20170607144817j:plain


お城から外に出るとすでに魔王の城が見えているという。
最後の目的地が最初からはっきりしていてわかりやすいのがドラクエ1の特徴の一つですね。
余談ですが、ドラクエ1は王様に話しかけることでしかセーブができないため、リセットする度にここから再開することになります。

 

f:id:satoiti22:20170607144855j:plain


王様からもらったお小遣い軍資金を元手に城下町で装備を整えようとする勇者。
剣と盾すら買えないという資本主義の現実を目の当たりにさせられます。
ここで何を買うかは性格が出ると思うんですが、とりあえず攻撃力が4もあがるこん棒だけ買うことにしました。
ちなみに布の服でも守備力があがるんですが、それだと初期は一体どんな格好をしているのでしょうか。

f:id:satoiti22:20170607145422j:plain

RPG恒例の情報収集タイム。
とりあえずガライの町に行けという空気を感じるので、当面の目的地はガライになりました。

リメイク版だと町娘に話しかけると後ろをついてくるようになるんですが、その状態で宿屋に泊まると「ゆうべは おたのしみでしたね」という例のセリフを見ることができます。
何をやっとるんじゃ!

f:id:satoiti22:20170607151533j:plain


とりあえずレベルをあげないと遠出もできないため、町の周りでレベル上げに励みます。
適当にスクショした自分が悪いんですが、スライムくん写真映り悪すぎでは?
こんな邪悪な顔してますが経験値はたったの1ポイントなので、しばらくはひたすらスライム狩りです。

f:id:satoiti22:20170605162242j:plain


レベル3になるとホイミを覚えて回復ができるようになるので、ようやく本格的な冒険がスタート。
とりあえず近場にあった洞窟に入り込みます。
進行上寄る意味は全くありません。

f:id:satoiti22:20170605163308j:plain

わたしの名はロト。 わたしの 血をひきし者よ。
ラダトームから見える 魔の島に
わたるには 3つの物が 必要だった。

わたしは それらを あつめ
魔の島に わたり 魔王を たおした。

そして 今 その3つの しんぴなる物を
3人の 賢者に たくす。
かれらの 子孫が それらを 守ってゆくだろう。

ふたたび 魔の島に 悪が よみがえったとき
それらを あつめ 戦うがよい。
3人の賢者は この地のどこかで
そなたの来るのを 待っていることだろう。

ゆけ! わたしの血をひきし者よ!

たいまつ使用のチュートリアル的な場所で敵も出てこないため、奥のメッセージを読むだけの場所です。
「子孫が独身だった場合詰むことになるんじゃねえかなあ」とかどうでも良いことばかり思い浮かんでます。

f:id:satoiti22:20170607152531j:plain


そんなわけでドラキーやゴーストを蹴散らしながらマップ左上へ進みガライの町へ。
数少ない攻撃魔法のギラまで覚えて戦闘力がうなぎ登りです。

【ガライ】

f:id:satoiti22:20170605164234j:plain

いきなり武器屋の品揃えもランクアップしているので、お金は全く足りません。
とりあえずこん棒から銅の剣に買い替えることを優先します。
下手に防御を上げるより、攻撃力を上げてモンスターを倒した方が進めやすいと個人的には重います。
まさに力こそパワー。
ちなみに服もまだ買ってません。

f:id:satoiti22:20170605172758j:plain

経験値&お金稼ぎのためガライの下へ進むことに。
ドラクエ1では橋を渡ると敵の強さが跳ね上がることが多いので、橋を渡る時の緊張感はそれなりに大きいです。
リスクは大きいですが、その分見返りも大きいので多少の危険は承知でガンガン進んでいく人が多いのではないでしょうか。
油断さえしなければそうそうやられることはありません。

 

 

 

 

 

 

f:id:satoiti22:20170605173327j:plain


油断するとこうなります。
先手を取ってギラを連発するなんて酷い!
魔法使い、メイジドラキーとギラを使う敵ばかりですが、中でもメイジドラキーは体力も高く強敵です。
全滅すると王様に罵倒されつつラダトームからの再開になるので、できるだけ全滅しないように進めたいですね。

 

f:id:satoiti22:20170607154144j:plain


守備力が高く魔法に弱いというチュートリアル的な存在のおおさそり君。
ギラ一発で沈んでくれるのでただのボーナスキャラになっています。
いい感じに経験値とゴールドを稼いだら再びガライの町へ。

f:id:satoiti22:20170605174101j:plain 

鉄の斧を買って攻撃力が大幅にあがったため、多少の雑魚なら一撃で倒せるようになりました。
ちなみに余った剣を売り、ここでようやく服を買いました。

f:id:satoiti22:20170605175440j:plain

ガライの下にある洞窟へ寄り、鉄の盾を始め色々なアイテムをゲット。
ストーリ上で何かあるというわけではないので、ただの経験値とアイテムを稼ぐためだけの場所です。

【マイラ】

f:id:satoiti22:20170605175823j:plain

装備やレベルを整えることができたので、今度はマップ右上へと進みマイラの村へ。
露天風呂なんかがある素晴らしい村です。

f:id:satoiti22:20170605181736j:plain

ボス戦の貴重な情報を聞くことができるので早速アイテムを入手。
フラグがなく、いつでもアイテムを取れるのは楽で良いです。
露天風呂の近くで地面を漁る絵面は大丈夫なのでしょうか。

f:id:satoiti22:20170605182751j:plain


マイラでは貴重な情報を複数ゲットできます。
次の目的地は南の洞窟を抜けた先のリムルダールへとなりました。

f:id:satoiti22:20170605184611j:plain


露天風呂は何故か脱衣所とお風呂が同じ空間にある謎形式になっているのですが、タンスを漁ると布の服が手に入ります。
今更布の服を手に入れてもどうしようもないので売るか捨てるかの二択になるわけですが、客観的に見るとなかなかゲスい行動ではないでしょうか。

ドラクエ1は短いので、次回で全クリまで書いていけそうです。
では!

スマホでできるドラクエのカードゲーム、「ドラゴンクエストライバルズ」発表! ハースストーンやシャドウバースに近くて面白そう!

f:id:satoiti22:20170524175128j:plain

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


スマホでドラクエシリーズのカードゲームが出ることが発表されました!
2017年配信予定とのことです。

http://www.dragonquest.jp/rivals/

 

【ゲーム内容】

f:id:satoiti22:20170524175456j:plain

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 

公式ホームページでティザー映像が配信されています。
ぶっちゃけドラクエ版ハースストーンですね。
それだけ完成されたシステムなんでしょう。

 

f:id:satoiti22:20170524180328j:plain

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

MPを消費してカードを使用する基本的な操作の他に、前衛と後衛があるようなので、これがどう関係してくるのかが気になるところです。
映像ではグランドクロスのようなエフェクトがありましたので、もしかしたらカードによって攻撃範囲がかなり違ってきたりするのでしょうか。

f:id:satoiti22:20170524180600j:plain

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


残念画質で申し訳ないのですが、結構キャラは動いている印象を受けました。
ただ動いている姿を見るだけでもそれなりに楽しそうです。



情報があまり出ていない段階ですが、結構期待できそうな雰囲気はあります。
本家のハースストーンよりはシャドウバースが競合になってくると思いますが、一気にシェアを奪うことも十分考えられそうです…。

モンスターズの時からそうですが、ドラクエは後追いでも上手い具合に仕上げてくるのでクオリティはそれなりに高くなりそうですねー。

どのくらいドラクエ要素が入ってくるのか楽しみです!
配信まで楽しみに待っておきましょう。

FEエコーズ プレイ日記その2 村人が盗賊をひたすら狩る話

今月はFGOに15万くらい課金してました。
おかげでメルトリリスが宝具5になったので満足ですが、その分働かなきゃ…というわけでランサーズにちょくちょくお世話になってます。

 

 

 【前回】

satoiti-kitune.hatenablog.com

 

前回のあらすじ

・プロローグ 幼少時代の話
・主人公アルムとヒロインのセリカは幼馴染
・兵士との戦いでセリカの事がばれてしまい、主人公の祖父マイセンはセリカを別な場所に移すことを決める

 

【1章 ソフィアへ!】

1章は、ソフィア解放軍のルカがアルムの祖父、マイセンを訪ねに来るところからスタート。

f:id:satoiti22:20170518092524j:plain

f:id:satoiti22:20170518093213j:plain


敵国リゲルによりアルム達が住むソフィアが大ピンチに陥る。
解放軍は少しでも戦力を増強するため、ソフィア一のジェイガンであるマイセンに助けを求めに来たという流れですね。

 

f:id:satoiti22:20170518093540j:plain


マイセンの代わりに解放軍に入ることを決めるアルム。
実際マイセンの数倍強くなるので、解放軍にとってはかなりラッキーな流れになりますね。

 

f:id:satoiti22:20170518094209j:plain


エフィ可愛い。
健気な女の子っぷりが現れて好感度急上昇です。

それだけにほぼ悲恋確定なのが悲しい。
ifだったら間違いなく結婚させてたわ!

f:id:satoiti22:20170518094233j:plain


肝心のアルムはこれである。
エフィの目から光が消えてそう。
みんな一途で良い子ばかりやな…。

f:id:satoiti22:20170518094418j:plain

 

外伝はフリーマップ形式になっており、自分で行先を決めていくことになります。
「聖魔の光石」や「覚醒」、「if」などの元になったシステムですね。
原作は稼ぎ前提に近いような難易度だったのですが、今作はどうなっているのか…。

f:id:satoiti22:20170518095009j:plain

ちなみに現在のパーティはこちらです。
アルムがすでにトップじゃねーか!
せめて守備くらいはルカに勝ってほしかったところです。
しれっとエフィの力が地味に高いのがなんか面白い。

f:id:satoiti22:20170518101915j:plain


普通に前衛として切り込んでいけるエフィ。
個人的にはなんとなくソードマスターにしたいところです。
今作にはありませんが。

f:id:satoiti22:20170518102549j:plain

序盤なので特に苦戦もせずサクサク進むのですが、唯一の強敵となるのがアーチャー。
外伝では隣1マスも攻撃できるため、近づいて無傷で倒すということができなくなっています。
ちなみに最大5マスまで攻撃可能になるので、最終的に射程1~5というスパロボ並みの攻撃性能を持つ強職の一つになります。

f:id:satoiti22:20170518102903j:plain

FE恒例の盗賊退治をしつつ、盗賊に捕まった人を救出にいくことに。
ダンジョンに寄り道をして仲間を増やしたりレベルを上げたりして進むのはRPG感ありますね。

f:id:satoiti22:20170518103306j:plain

ちなみにダンジョンの中ではアルムを動かして進むことになります。
このあたりは完全にRPGですね。
ちなみに剣を振り回すことも可能で、敵に命中すれば有利な状態で戦闘が始まります。
テイルズかな?

 

f:id:satoiti22:20170518103602j:plain

そんなわけでダンジョンボスとの戦いに。
中ボスがアーチャー、大ボスの盗賊頭って感じ。
普通に強いので、慣れていない人は少し苦戦するのではないでしょうか。

f:id:satoiti22:20170518104037j:plain

ちなみに今作は速さが1でも高いと追撃可能という速さゲーなので、敵も味方も追撃しまくる激しい戦いが繰り広げられます。
直近の作品である「if」が追撃しにくいバランスだったので、全然違う雰囲気になってますね…。

f:id:satoiti22:20170518104059j:plain

f:id:satoiti22:20170518104119j:plain

そんなわけで、一行は捕まっていたシスターを無事救出することができました。
エフィが鋭い目で見守ってそう。

f:id:satoiti22:20170518104423j:plain


女神ミラの導きによって見えたものは、荒廃したソフィアの景色。
「一体これからソフィアに何が…?」
不安を覚えつつ、アルムは先へ進むのであった。

FEエコーズ プレイ日記その1 ~幼少時代まで

待ちに待った!! 新作!!
というわけで、FE外伝のリメイク、エコーズのプレイ日記を書いていきます。

 

【プロローグ】

 f:id:satoiti22:20170422195124j:plain


今回の主人公アルムとヒロイン セリカの回想からスタート。
「私たちずっと一緒よね」や「仲良しでいようね」などのフラグを怒涛の勢いで建てていってます。
しょっぱなから飛ばしすぎではないでしょうか。
FE以外にNTR物の冒頭でも違和感はなさそうです。
このフラグがいつ回収されるのか見ものですね。


 

 

f:id:satoiti22:20170422195145j:plain


はえーよ

驚異的なフラグ回収の早さに驚きを隠せません。
場面は切り替わり、アルムがセリカを刺してしまっている状況が出てきます。

f:id:satoiti22:20170422223352j:plain


一方、セリカの剣はアルムを貫いてはおらず。
セリカの表情が非常に印象深いです。

原作はしばらくやっていないので記憶はおぼろげなんですが、こんなシーンあったっけ…。
ともかく、アルムがセリカの名前を叫び、再び場面は切り替わります。

 

【幼少期】

f:id:satoiti22:20170422230754j:plain


画像の切り貼りがちょっと適当すぎますが、アルムの幼馴染が4人登場。
野郎3人と新登場のエフィちゃんです。

事前情報を仕入れてなかったので驚いたんですが、今作はなんとフルボイス。

覚醒やifとは違い、立ち絵でシナリオが進むので良い感じです。

f:id:satoiti22:20170422234339j:plain


アルムとセリカは共通する痣を持っており、将来を誓うほど仲が良い二人でした。

f:id:satoiti22:20170422234212j:plain


最初の敵は山賊なことが多いですが、今作は珍しく正規兵が相手です。
村に危害を加えようとした上、セリカをさらおうとするロリコン相手と戦う流れに。

f:id:satoiti22:20170422234732j:plain


見るからにジェイガンな祖父、マイセンと一緒にチュートリアル的戦闘…というより、全部マイセンで倒す感じでした。
まんま操作に慣れるためのマップですね。

 

f:id:satoiti22:20170422235324j:plain


最後は村からセリカが出ていくことになり、プロローグ終了!

久しぶりすぎていまいち慣れませんが、のんびりやっていきたいと思います。
では!

【次回】

satoiti-kitune.hatenablog.com

【雑記】2~3月にしてたこととかの話

気づいたら2ヶ月近く記事を書いてませんでした。
この2ヶ月何をやってたかを忘備録として残しておきます。


・ランサーズとかに力を入れていた

 

f:id:satoiti22:20170320194504j:plain時間が無かった一番の理由がこれです。
元々クラウドソーシングで副業をやっていたんですが、2月からは特に力を入れて活動していました。
2月はランサーズとクラウドワークス合わせて20万ほどの結果です。
1日2~3時間の副業として考えれば、それなりの金額なのではないでしょうか。
正直疲れたので、今後は少しずつ仕事量を減らしていこうと思ってます。
コツとかも多少は分かった気がするので、そのうち記事にでもしたいですね。

・アプリを色々やってた

理由その2。
FEやらシャドウバースやらハースストーンやらパワフルサッカーやらフェイトやら…ちょっと色々手を出しすぎてました。
一番課金をしたのがFEで、2月は10万くらい突っ込んでしまうという…。
ぶっちゃけ課金するために副業がんばってました。

とりあえず、蒼炎組が来るまで課金は控えようと思います…。

そんなわけで、一応生存報告でした。

気分一新! FE的ヘッダー画像を作ってもらいました。

もう既に目に入っていると思うのですが、ブログのヘッダー画像を作ってもらいました。

f:id:satoiti22:20170126234553p:plain


すごく気に入ったんですけど、どうでしょう。
FE感が出ててよくないですか?

もう本当にね、想像以上の作品をいただけたので大大大満足です。
特に用もないのにページを見に行っちゃいます。

作者はALICEMIXのありすさんです。
ご多忙のようでしたが、連絡をしてみたところ引き受けてくださったので一安心。

続きを読む

「ファイアーエムブレムヒーローズ」情報まとめ。上手くFEらしさを出した良作になりそうな予感

本日のファイアーエムブレムダイレクトで、いくつかのFE情報が発表されました。
FE無双、外伝リメイクなど盛り沢山の内容でしたが、今回はアプリの「ファイアーエムブレムヒーローズ」についてまとめます。

続きを読む

シャドウバース初心者向けに超格安ビショップデッキを紹介する

シャドバってますか?

CMもガンガン放映しており、力の入れようが伝わってくるゲーム、シャドウバース。
この手のゲームでは珍しく、シャドウバースは課金の差が出にくいバランスになっています。
無課金でもある程度パックがひける、カード生成である程度好きなカードが集められる、などが理由ですね。

ただ当然ながらレアリティの高いカードは当たりにくく、生成にも大きなエーテルが必要になってきます。
ゴールド(生成:800)くらいならともかく、レジェンド(生成:3500)は当てるにしろ生成するにしろ負担が大きいです。

始めたばかりのころに格安デッキを探して色々なサイトを回ったことがあるのですが、レジェンドやゴールドが普通に積まれているものがほとんどでした。
もちろん環境トップのデッキに比べるとかなり簡単に作れるのですが、完全に初心者の頃はそれでも厳しいものがあります。

ですので、今回はできるだけゴールド以上を減らした、超格安デッキを紹介していこうと思います。
できるだけ安く、なおかつ そこそこ戦えるような感じです。
よろしければ参考にどうぞ。

続きを読む

【シリアスからギャグまで】おすすめの百合漫画ランキング30【2017年ver】

タイトルの通り、私が読んできた百合漫画の中でも特におすすめしたい作品を、ランキングとして紹介したいと思います。
50作品くらい紹介しようかと思ったんですが、思ったより疲れたので30位まで。
1作者1作品(例外枠:なもり)で、完全に私の主観で紹介していきます。
明るめの作品が好きなので、そこのところご了承ください。
最近は百合界隈が盛り上がってきているので、少しでも参考になれば嬉しいです。

続きを読む

透魔ルナ本職縛り 1~6章 奥様はバーサーカー【ファイアーエムブレムif 透魔王国ルナティック攻略】

あけましておめでとうございます。
今年最初の記事は何を書こうか、と迷ってました。
さんざん迷った末、ブログ開設のきっかけとなったFE ifのプレイ日記が良いんじゃないかと思ったので書いていきます。
初心忘るべからずって言うしね!

FE ifは白夜、暗夜、透魔と3ルートあるわけですが、今回は実質トゥルールートともいえる透魔王国をやっていこうと思います。
ただ他ルートと似たようなプレイになってもあまり面白くない(自分が)ので、今回はノーリセ縛りの他に「本職縛り」もつけることにしました。

ルールはいたってシンプルで、全キャラ転職させること(本来の職および関連上級職禁止)だけです。
転職に必要なアイテムは通信で捻出、数は無制限の使いたい放題。
通信を使った支援稼ぎもOK。
親友の職につけるバディプルフや結婚相手の職になれるマリッジプルフの関係ですね。
こんな感じのゆるゆるルールでやっていきます。
バディやマリッジも含めてやりたい放題のプレイをするぞ!!


今回は男主人公で、素質は斧戦士で始めました。
サクラと結婚してバーサーカーにさせたいというただそれだけの理由です。

続きを読む

ド田舎民の救い、WiMAX君について調べたことを書いていく

過去記事を見返してたら、1月頭にこんな記事を書いてました。

 

satoiti-kitune.hatenablog.com


後でまとめとくと言いつつすっかり忘れてた……。
今更ですが、せっかくなので色々と調べたことを書いていきます。
ちなみに、現在はなんだかんだで2件契約中。

f:id:satoiti22:20161230233524j:plain

続きを読む

オカムラの高級椅子「シルフィー」を買って約2年過ぎるので、感想とか書いていく

Amazonの注文履歴を見ていて思ったんですが、2015年の1月は物を買いまくってたんですよね。
物欲がすごかったのは覚えているのですが、20万以上も使っているのは驚きです。
その中でも特に大きい買い物だったのが、オカムラの高級椅子、「シルフィー」です。

f:id:satoiti22:20161227000736p:plain



ネットで「座る時間が長いなら椅子はお金出して良いやつを買え!」という意見をよく見かけ、自分も腰を少し痛めているのが購入のきっかけでした。
・健康への影響が大きい
・作業効率が違ってくる
・長く使うと考えればコスパもいい
このあたりが最終的な決め手です。
しかし健康のためならと思ったのはいいものの、高い買い物なのでめちゃめちゃ悩んだんですよね。
比較的新しい製品だからかレビューも少なかったので、当時の自分のように迷っている人の参考になれば、と思いレビューでも書いてみます。

続きを読む

ポケモン サンムーン プレイ日記&攻略その3 アットホームな職場です

イワンコ可愛い。
続きです。

 

f:id:satoiti22:20161220130602j:plain

現在の手持ちはこんな感じ。
ニャヒートの攻撃範囲が広すぎて、その他がほぼサポート役になっています。
ピチューは弱すぎるので、味方を回復させるときのサンドバッグが主なお仕事。
こんなことやってるから進化しないんだよなあ。

続きを読む